アロマセラピーとは

アロマ(Aroma・芳香)とセラピー(Therapy・療法)を合わせた造語です。約5000年以上前から人は植物の有効成分を使用して生活に役立ててきました。アロマセラピーはそう言った植物に含まれる不思議なパワーを体系化した療法の事で、『精油』(エッセンシャルオイル)と呼ばれる100%天然の植物油を使用します。『精油』とは植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出し、植物の成分を凝縮した天然の素材です。各植物によって特有の香りと機能を持っていますのでその特性に応じ、人の心や体を癒す療法がアロマセラピーです。

[戻る]